2017年12月30日

「私の生徒が私の先生!」【佐藤実紗】


こんにちは!今日は12月30日、とうとう2017年も残すところ1日になってしまいとても焦っております、冬休みのない上海はまだまだ学校の日々が続きます。中国上海からこんにちは🇨🇳 佐藤実紗です!

今回は、前回のブログの最後に書かせていただいた「日本語アシスタント」のことについてをお話ししたいと思います。

11月から毎週土曜日、日本語アシスタントとしての授業が始まりました。「アシスタント」と言われ引き受けていたため、私の中では先生が教えている横を歩いて回ったり質問があったら答えたり、そのようなことをするものだと思い最初の授業に行ったのですが・・・。着いてすぐに、「今日はP68〜P72です、お願いします」という言葉に頭が真っ白になり咄嗟に出た私の言葉は「え、私がやるんですか?!できません」・・・。心の準備も出来ておらず、授業の始まる10分前に教える範囲を言われ、、ですが周りを見渡せば40人の新しいものを見つめるニコニコした新鮮な目、日本人が来た!日本人が来た!とキラキラ輝かせている生徒の目に、さっきまでできませんと言っていた私は、気づいたら「やってみます」そう答えていました。

そんなこんなで始まった私の日本語アシスタントとしての授業、私が教える時間は毎週土曜日の10時半から11時半、そして3時半から5時までです。今は他の先生が出張の際にはプラスで変わりに任されるまでになり、時間配分も正確にスムーズになったということが、今の私の中の成長の1つです。授業を行うことよりも何倍も何倍も大変なのが授業の為の準備で、心配性の私は何度も何度も練習の為の時間が必要だし、前の日の金曜日は気づいたら2時3時になっている……そんなことも多々。。そんな毎週土曜日を何回も過ごした今は、「土曜日」が楽しみで楽しみで仕方ありません!!「慣れ」ってすごいなあ、そう思う場面が多くあります😊

FFC941DB-DF31-401B-AAA1-E4B894274E9D.jpeg

ECB4F46A-2371-43EE-9DE9-0D9A313D5CAA.jpeg

C15977B1-09B2-4DA7-8639-A9BF897537D7.jpeg

5BCAE080-E4FC-4012-8DF6-43A0E32AEA99.jpeg

授業を行なっている時の写真です。スクリーンに映しているのは私の地元、静岡県の松崎町雲見からみた富士山の景色🗻この日は私の町の紹介と、日本の観光地の紹介を授業の前に少し行なったので、そのままこの富士山を残したまま授業を行いました(笑)この景色が大好きなので、富士山パワーを貰えるような気がして…(笑)


生徒といっても私と同級生もしくは1つ下や1つ上といった私と同年代の生徒なので、私の生徒でもあり、そして中国人の友人でもあります🇨🇳そして彼らは全員同済大学の学生なのですが、専門が日本語の人は1人もいません。専門が日本語ではない、だけど日本語を勉強したい、そんな学生が自ら土曜日を丸々1日使って勉強している、そんな授業のお手伝いをさせていただいています。生徒は全員合わせたら1クラス60人いるのですが、土曜日ということもあって部活動や用事のある生徒も多く、毎週毎週35〜40人くらいがその日その時間で変わっていく、そのような形なので私自身も、1人1人の名前を覚えるのに必死です(笑)

E3935884-A804-4A5B-BCCC-8414237D1C67.jpeg

4A5952C5-16F9-480A-ADE3-D1C014047B42.jpeg


彼らは日本語が専門ではないため、1人1人のレベルにそれほど差はなく、私が日本語を話してしっかり聞き取れる生徒が少ないです。そのため授業中の流れとしては、まず日本語で説明する、そして私が全力の精一杯の中国語で説明する、最後にお互い理解できたかの確認のために英語で説明する、そのような形で行なっているので、私にもたくさんの中国語の先生がいる、そんな気持ちです😊🇨🇳新しいことを教えると、たくさんの生徒(でもあり私の先生たち)は、逆に中国語で教え返してくれます(笑)本当に本当にありがたい!家に帰ってからも、お互いわからないことがあったら教え合う、そのような友情関係を築けていることがなにより嬉しいです!
私の日本語の授業の生徒たちは、私の中国語を助けてくれる先生です🇨🇳🇯🇵たくさんの先生が私の周りにいてくれることに感謝・・・!

BB640514-F922-4712-8CE7-988FF3BEC47D.jpeg

休日や放課後は、一緒にご飯に行ったり遊びに行ったりと、楽しい時間を過ごしています。私の普段の学校の授業で教わっている中国語、その中国語ではなく若者が使う言葉だったり、メッセージを送る時に使う言葉であったり、よく使う便利な言葉、授業や教科書からでは学ぶことのできない数多くのものを彼らからたくさん教わることができていること、どこか不思議な気持ちと共に、改めて今自分が行なっていることに喜びを感じています。ただでさえ土曜日に、自分から日本語を学びたいと思っている彼らは本当に意欲的で、私の授業もしっかりと聞いてくれるので授業している側の私も、手を抜かずにやらなければ、わかりやすく教えるためにはどのようにしたら良いのだろう、そんな風に背中を押されている気がします。日本の言語だけでなく文化や食事、休日、どんなことにも興味があり、質問攻めの土曜日。中国人の彼らがここまで日本が大好きで、日本のことをもっともっと知りたい!日本に留学したい!そんなことを言っているのを耳にすると、言葉で表すことのできない、胸がぎゅっとなるような、溢れんばかりの嬉しい気持ちでいっぱいです。彼らの興味や好奇心、夢の手助けすることができていることがなにより嬉しいです😊🌹

日本語を教えることに対して、悩むこと考えさせられることが多くあります。しかし今は、その悩みでさえも、楽しく感じてしまう、充実した時間を上海で過ごすことができています!
今日の土曜日で、この学期の日本語授業は終わりましたが、また来学期の3月からも継続して教えられることになったので、私にとっても良き勉強良き経験、また引き続き3月からも今まで以上に頑張りたいと思います!

2017年もそろそろ終わりお正月がもうすぐ、ということで授業の中でかるたをしました🎌🎍
(日本から持ってきていてよかった...笑)
みんな始めてやるかるたに興奮!そして次は読みたいと自分から言ってくれる生徒もいて私はとっても嬉しかったです😂😂私自身も久しぶりのかるたを、中国人の彼らと一緒になって楽しみました!

18FBFF77-BA31-4D81-9907-622D80DDB470.jpeg

111B08B0-14D7-43D0-9F11-E3870A408D10.jpeg

135C5A39-83B2-4717-83CA-25615E454BCA.jpeg

日本語を教えている生徒の学部は様々で、その中に芸術学部で演劇を学んでいる生徒がいます。そんな生徒の劇を観に行ってきました!自分の生徒が一生懸命披露している姿にうるっとさせられるものがありました。

F9BEA2C5-C5D5-4C68-A9BE-194EBE52C91E.jpeg

そしてもう1つ、毎週金曜日に私の中国語の先生のお宅にお邪魔させていただいています!大学の寮で生活している私にとって、中国人のご家庭に行ける機会があることが本当に嬉しくて、中国の家庭料理や暮らしなども教えていただいています。私の行く毎週金曜日は、餃子を包むところから作ってくれているのを見せてくれたり手伝わせてくれたり、中国の伝統的な食事を出してくれたりと、とても暖かい家庭です😊

5B0563C0-8F92-462A-9F77-3CDD6FBED62D.jpeg

2D742D85-5497-4825-88E7-BEEA7F29F2DD.jpeg

63CC4FE3-6D63-4081-B003-A29430482873.jpeg

毎回毎回ご飯もご馳走になっていて、中国の様々なことを教えてもらっています。私が驚いた1つに、中国の家庭では基本祖父母が子どもの世話や、料理や洗濯、家事全般行うらしいのです。つまり父母は仕事、子供のお世話をするのは父母ではなく主に祖父母、という形が中国では多くあるそうです。

729AB31B-62F9-4570-82CB-7D3EABA45649.jpeg

7211146D-C927-40CE-8647-BA3EF4073775.jpeg

中国の家庭の料理はこのような感じです😉😉

A00319F1-E553-4DC3-A46A-4C1ACB0F530D.jpeg

先生の息子さんも、好奇心溢れる元気いっぱいの6歳児👶一緒に遊んだり、ひらがなを書いたり挨拶単語を教えたり!折り紙や富士山の付箋、相撲のシールなど日本の物をいくつか持ってきていて良かったと思いました😂最近は私のことを「みーさーちゃ!みーさーちゃ!」と元気いっぱいの笑顔で呼んでくれて、早く私も中国語を覚えてもっともっとたくさん会話をしたい、毎週そんな風に思わされます😂帰国する時にはもっともっと仲良く仲良くなることが目的です😊😊

CB42AF44-7B27-4DD3-BC2C-14B8E4A17B29.jpeg

57AA25F1-3766-4B85-B4BF-0147D28E384C.jpeg

最後まで読んでいただきありがとうございました🙇‍♂️🙏今日は中国に来て113日目、中国生活も3桁目に突入してしまいました。
今回は日本語アシスタントのことを中心に書かせていただきました。次は毎日の日々や出かけた場所など、11月、12月の写真と一緒に振り返りながらの投稿にしたいと思います。
ではまた!皆さま良いお年をお過ごしください😊🎍2017年、ありがとうございました!!

再见~👋👋
posted by 日大国際留学生 at 23:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の平日 ≪中村彩乃≫

こんにちは。そろそろ期末試験が近づいてきて焦ってる中村彩乃です。
今回は私の平日についてお話をしようと思います。

まず私のタイムテーブル!

   1   2   3   4
月  文法  文法  英語  経済  
火  会話  リス
水  文法  文法
木  リス  会話      コミュ
金  文法  文法

同済大学の1限は8時から始まります。一コマが90分で始まって45分(半分)経つとに5分の休みがあります。コマの間は25分の休みがあります。ランチ休みは2限と3限の間にあって時間も長いです。

中国語の授業は文法、リスニングと会話の3つです。

文法の教科書は本文と問題があり、それを2日に分けて勉強しています。
最初はどこをやってるのかすらわからなかった私ですが最近は自分で手を挙げて発表できるようになりました。私が手を挙げたときは先生がいつも以上の笑顔で「あー、彩乃!解いてみて!」と言ってくれたり、いい例文を考えたりすると褒めてくれるのでその笑顔が見たくて頑張っています。本当に!

リスニングはたぶん皆さんが想像どうりCDを聞いて問題を解くのもあるのですが私のクラスの先生は、プレゼンやディベートをしてほかの生徒が話したことを聞くこともリスニングであると思っているため、会話の授業以上に話す機会が多いです。

会話の授業は主にペアやグループを組んで教科書で習った内容で会話を自分たちバージョン文章を作ります。このワークはグループのメンバーに迷惑をかけてしまうので本当につらいです。このワークも初めは全部の内容をペアに作ってもらってたのですが最近は2人で話しながら自分の文を作ったり、そのまま自分たちで会話できるようになってきました。

休み時間はクラスメイトとはそれぞれの国の事情であったり口論になってもおかしくないような内容を話す機会がありとても充実しています。きっとお互いの国ではない、第三の国、中国にいるからこそみんなが中立の立場で話せるため、口論にならずにお互いの疑問をぶつけることができているのだと思います。
日本のことに対して質問されたことは、コンビニにあるアダルトコーナーがなぜ許されているのか、捕鯨について、日本人はなぜ面を音を立てて食べるのか、などがあります。アダルトコーナーに対しては、今まであまり疑問に思ったことがなかったのですが海外の人から見たら異様に見えているということを知りました。ほかの国に対する質問では公開処刑について、イスラム教の文化について、トランプ政権についてなど意見交換をしています。またそのようなシリアスな問題だけでなくUFOは存在するのかなどのふざけた話題もしていて毎日がとても充実しています。

この写真はクラスメイトがプレゼンをしている写真です。
20171107_105423.jpg

授業が終わったらそのままクラスメイトやクラスメイトの友達を交えてご飯を食べに行きます。午後の授業がないときはご飯のあとショッピングに行ったり、景色がきれいな所へ散歩に行ったり、一緒に宿題をしたりもしています。
この写真は放課後の写真です。
IMG_7840.JPG

この写真は放課後上海タワーの下に散歩にいったときの写真です。
IMG_2720.JPG

英語の時間は中国の歴史などを英語で勉強しています。
が…正直先生も生徒も英語ではなく中国語でよく話をしているので、中国語がちゃんと聞き取れるわけではないので内容はほとんど理解できていない状況です。また先生は宿題もその発表も中国の生徒のみにしか出さないため、なんのために受けているのかわからないです(笑)

経済の授業は主にOne Belt One Road 一帯一路について勉強しています。
私の日大での専攻は総合政策学科のビジネスコースであり、また、中国経済を勉強することは私のこの留学の一つの目標であったためこの授業をとれたことは私にとって大きく考えさせられることになっています。
一帯一路政策とは簡単に言うと中国とヨーロッパをつなぐ新しいシルクロードで繋ぎ、より貿易を盛んにしようという政策です。この政策が成功するとより中国の発展につながります。しかし日本の視点から見ると、この新しいシルクロードは日本には繋がっていないため日本は大きく遅れてしまうのではないかと不安に思いこのことについて考えることが私の今後の課題になっています。
この授業はグループワークで、私のグループは私とドイツ人が4人、ロシア人が1人の6人のグループです。プレゼンは3個、レポートは1つとなかなかボリューミーな授業でした。
佐藤実紗さんのグループはイタリア人3人、フランス人2人、ケニア人1人の7人グループです。
鷲見けんじさんは

コミュはインターカルチュラルコミュニケーションを略したものであり、この授業は多文化理解を勉強するようなもので、様々なトピックに対しいろんな国の人たちと意見交換をしています。またこれもグループワークで、1グループ4人でなおかつ4人全員が違うバックグラウンドを持った人でないといけません。各グループ40分のプレゼンをしました。私のグループは葬式についてやりました。
実紗さんは結婚式について、けんじさんはアイコンにいて発表しました。

私たち交換留学生の必須授業は午前の中国語のみとなっています。
英語の授業は私たちが本当に受けたくて何度も学校のオフィスに行って何度も断られましたが何度も何度も行き、文法の授業は中国人専用の授業であったため受けることができなかったのですが、この中国の歴史を英語で受けるのをなんとか許可してもらうことができました。
経済とコミュニケーションは留学生が履修可能な授業だったのですが、これについて学校からなんの説明もなかったため私たちが早めに学校に相談していなければ履修することができなかったものです。現に早めに行動したつもりだったのですが、ほとんどの授業が満員で履修が締め切られていました。もし、同済大学に留学することが決まってこのような授業を受けたいと考えている人は、パソコンでの履修登録が必要なためなるべく早く学校に相談することをお勧めします。

私が改めて実感していることは英語の重要性です。
中国語のクラスのクラスメートとは英語でコミュニケーションをとっています。私のクラスに英語が喋れない人たちもいて、その人たちはその国の人同士でかたまり、会話の輪に入ることが中々ないです。
また、経済とコミュニケーションの授業は英語が話せる前提での授業となっています。日常会話程度であれば話せる私ですが、これらの授業は専門用語も多く苦戦しています。
これらの授業は実紗さんとけんじさんも一緒の授業を取っているのですがグループも別でお互いの友達同士と受けています。授業中や休み時間、フリーの時間など一緒にいるときに一人でも日本語が第一言語でない人を交えているときは、お互い前々から話していたわけでも、決めていたわけでもないのですが自然と英語に切り替えて会話をしている自分たちがいます。改めて考えてみると、たとえそれが自分たちのプライベートな話でもその場に一人でも外国人がいれば英語で話すということが自分たちの当たり前になっていること、それは簡単にできることでも、始めようと思ってすぐ始められるものでもないと感じています。そのように私と同じような考えを持っている二人と留学ができているからこそ、お互い中国語だけでなく英語力も高めあえているため、二人には感謝しています。

長くなりましたが私の平日はこのような感じです。では、また!再见!!


posted by 日大国際留学生 at 05:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

「extraなmy1年間」【佐藤実紗】


こんにちは!最近日本料理レストランで食べたラーメンと餃子が美味しくて感動しました、中国上海から佐藤実紗です🇨🇳

IMG_8911.JPG

私にとって「extraな1年間」ついてを中心に今回はお話ししたいと思います。

私は国際関係学部の教職課程を取っていて、ここに来る前、前期に教職の科目も含め42単位詰め込み留学に来ました。しかし1年間留学をしてしまうと教職課程が間に合わない関係で、私は4年間では卒業できず、5年生になります。たくさん悩みましたがせっかく与えられて得ることの出来た大きなチャンスだったので、迷わず留学することを決めました。私にとってこの1年間は、他の4年間で卒業する留学生とは違い、プラスな1年間、extraな1年間なので「やりたい!」「行きたい!」「食べたい!」自分の感じた「〜〜したい!」を、悔いなく全て行う1年間にすることが目標です😊👊

まずはそのextraな1年間の始まり、北京旅行についてです!重い重いリュック1つ背負い行って来た北京旅行!

IMG_8930.JPG

北京といったら万里の長城!景色眺めが最高で、どの角度からも写真が撮りたくてたまらない!!

IMG_8929.JPG

何気なく入った万里の長城の麓にあったお店の店員さんがとっても優しくて、そこで買った足跡マーク👣のキーホルダーの裏に「梦想成真实纱」日本語だと「願いが叶いますように」そして私の名前「実紗」と掘ってくれました!しっかりその言葉の通り、将来のために今頑張らなければいけないと思いました!

IMG_8915.JPG

中国の至る所にいる毛沢東!(同济大学の門を入ってすぐにも大きな毛沢東の銅像が立っています)中国にとって毛沢東がどれだけ大きな存在なのかがわかる!!

IMG_8931.JPG

頤和園での写真は、、、三島という文字を発見!三島が中国進出していました✌️(笑)

IMG_8927.JPG

立ち寄ったお店の1つに、自分の名前を掘ってくれて判子にしてくれるお店がありました!ここで出会ったおじさんにとっても良くしてもらって🙏
どの台に掘ってもらうかも自分で選べて、自分の好きな形や柄、干支が描いてあるものなどたくさん!そこで発見した「寿」の文字!!2つ合わさると寿になる台を選び、自分の名前と弟の名前の2つを掘っていただきました!弟の名前に寿という字が入っているので、ついつい台も「寿」に…(笑)

IMG_8928.JPG

完成がこちら💁💁
北京の話しはここらへんで……

最近は学校でジムに通ったり、ロッククライミングにも行っています!学校内に全て施設があるのでとても便利!!

IMG_8925.JPG

他の国からの留学生や、中国人との交流イベントにも参加しました!

IMG_8926.JPG

私事ですが10月28日は私の誕生日で、中国で20歳を迎えました!
友達と2人でご飯を食べに行く予定だったのですが、、、外に出たらそこには友達がいてくれて、、みんなサプライズしてくれました😂

IMG_8922.JPG

日本食を食べてカラオケに行って大きなケーキをもらいました!

IMG_8923.JPG

ドイツ2人、イタリア1人、スペイン1人、ベトナム1人、ルワンダ1人、フランス1人、アンティアグ・バーブーダ島2人、ブラジル1人、カンボジア1人、モロッコ1人、中国3人、そして日本1人
🇩🇪🇮🇹🇪🇸🇻🇳🇷🇼🇫🇷🇧🇷🇰🇭🇲🇦🇨🇳🇯🇵

たくさんの友達に祝ってもらえて、
12ヶ国のおめでとうが本当に幸せでした!!

IMG_8914.JPG

IMG_8913.JPG

最後にクラスのみんなから手作りメッセージカードを貰って、、クラス9人9ヶ国、それぞれ自分の国のおめでとうが書いてあるカード😂😂泣きました(泣)

IMG_8924.JPG

前々から私抜きのMisa's brithdayというwechatグループで計画してくれていたみたいで…授業中に作ったり授業中に連絡取り合ったり…後から全部見せてもらって話を聞いて、また涙が出ました。全く気づかなかったし、ここまでしてくれる友達に出会えて本当に幸せです😭
中国で20歳のスタートを、素敵な友達と過ごせたことが本当に嬉しく思います!!🌻🌎

IMG_8918.JPG

IMG_8917.JPG

10月31日に行われた同济大学でのハロウィンパーティーの様子です🎃👻
日本から持参した恐竜を着ました(笑)

IMG_8920.JPG

IMG_8921.JPG

恐竜兄貴がいました(笑)

IMG_8919.JPG

0B038FA3-1245-45CB-90CF-172BCEBA4217-7376-000007CBE3AAF984_tmp.jpg

とっても楽しい1日でした!新しい友達も増えて、今までの友達はより仲良くなれて、これからもたくさんのイベントに参加していきたいと思いました😊

そしてハッピーニュースを1つ伝えさせてください!11月から毎週土曜日、同济大学の大学生に、日本語アシスタントとして日本語を教えることになりました😊🇯🇵これもいつも良くしていただいている劉先生に相談させていただき、得ることの出来た大きなチャンスです。たくさん吸収して、たくさん得ることができるように頑張ります。

世界の国の教育についてはもともと興味があって、カンボジアやベトナムにボランティアで行った際により発展途上国の教育、そして他の国の教育についてを知りたい!と思い、アメリカの幼稚園、小学校、中学校を回り日本文化や日本語の授業をした経験もあります。中国留学が決まった際にも、日本文化や日本語を、中国人に教えることが1つの夢でした。なのでそれが実現すること、本当に本当に嬉しいです!!
まずは1回目、今週の土曜日頑張ります👊👊

最後まで読んでいただきありがとうございました!今日は中国に来て54日目、extraな1年間まだまだ頑張ります🇨🇳🐼
再见~~👋
posted by 日大国際留学生 at 22:29| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

41.2kmの北京旅行《中村彩乃》

はじめまして!
国際総合政策学科2年の中村彩乃です。
私の中国、上海の同済大学での生活が9月9日から始まり、1ヶ月が経とうとしています。
生活面でも勉強面でも多くの人の助けがあり、今までなんとか頑張れている状況で听不懂(分からない)の毎日を送っています😥😥

さて、そんなつまらない話は置いておいて、北京旅行のはなしをします🎉
10月に入ってすぐに8日間の国慶節の休みを使い、北京に4泊5日の旅行に行ってきました!
佐藤実紗さんの投稿を読んだ方はお気付きかと思いますが二人旅をしてきました。全ての予約、予定を自分たちで決め、気ままな旅行を楽しみました。

初日は北京首都空港から直行で頤和園に行きました。この日はあいにくの雨でとても寒かったですが広大な敷地と湖を見ると寒さも疲れも吹き飛びました。こんな素晴らしいところで夏を過ごしていた西太后が羨ましく思えました。
9B27B197-3522-4DF4-9B67-69254029AC23.jpeg

2日目は万里の長城・ハ达峠に行きました。
行きも帰りもバス待ちの列が酷い!!数時間人混みに揉まれとても疲れました。
長城は思ってた以上に高く、夜に数人でなら忍び込めたんじゃないかなーと思ってましたが無理そうですね💦長城をなめてました、ごめんなさい🙇‍♀️
5CDE521E-DE63-4304-BBCB-2B9999F5665C.jpeg

3日目は天安門と紫禁城の予定だったのですがここでハプニング発生!なんと紫禁城がネット予約をしないといけないと言われてしまい天安門だけに…。帰ってからネット予約を試みましたが留学生は現地で買えるとか…何が本当なのか!!結局今回の旅では紫禁城を諦めまたいつか挑戦することにしました。
午後は古観象台と北京ダッグを食べに行きました。古観象台はあまりよく分からなかったのですが、ドラゴンなどの綺麗な装飾が施されており何百年も前に造られたとは思えませんでした。北京ダッグは目の前で捌いてもらい、美味しくいただきました。
F8FEDC96-A196-4A04-B2C4-B49A4B289C03.jpeg

4日目は北京動物園と王府井街に行きました。
北京動物園ではパンダのところでまた大量の人に揉まれ一瞬しかパンダを見れなかったーと外に出るとそこにはまたパンダがおり今度はあまり邪魔されずパンダを眺めることができました。
6D632A6A-29C7-4935-968C-3335785E3EE8.jpeg
王府井街は色々なゲテモノを見ることが出来ました。何が売られているか当ててみてください…
434523A6-A5F1-423D-B6D4-0766096FC59F.jpeg
答えは…
左上と左下が大きさの違うサソリ左上のサソリの中にはまだ動いてるものもいました。
中央奥がヒトデ!この中で絶対に何か食べろって言われたらヒトデかな…
ヒトデの前がヘビ🐍
真ん中の棚に並べられてるのは見難いですがコオロギみたいなのとムカデ
右下のがセミ?みたいな芋虫の太ったやつみたいなのでした…
ここまで生々しくなければ挑戦したかったのですが…
写真撮影禁止は大目に見てください🙇‍♀️🙇‍♀️

最終日はニセモノ市場に行ってきました。
店員さんとは中国語、英語、日本語でコミュニケーションをとりながら店員さんとは私たちは電卓を叩きまくりました笑笑いろんなお店で買い物を楽しんでいたのですが1つのお店で店員さん同士の会話で日本の事を悪く言う単語が聞こえ2人して笑顔が消え店を出ると言うことがありました。まだ中国語がしっかりと聞き取れるわけではありませんが、そーゆー単語を聞き取れてしまったのは悲しいことだと思っています。
ニセモノ市の一角でその場でハンコを作ってくれるおじさんに会いました。おじさんは私たちが分からなければ字を書いてくれたり発音をなおしてくれたりとハンコを作ってもらっている間も楽しい時間を過ごすことができました。
image.jpg

今回の旅行で1番大変だったことは実紗の写真!実紗は写真が大好きで私や風景の写真を綺麗に撮れるのですが、私は苦手で実紗の写真を撮るとダメ出しばっかでした。日本に帰る頃には褒めてもらえるぐらいになれるかな…。
⚠️今回この投稿に載せてる写真のほとんどは実紗が撮ったものです。
何だかんだとても楽しく充実した北京旅行でした。今回行けなかった紫禁城と天壇公園、明十三陵にいつか行けたらなと思ってます。
41.2kmは私たちがこの旅行で歩いた距離です👣

では、また!再见👋
0B0FD902-7F40-42F4-B58E-63D9500C53B4.jpeg
posted by 日大国際留学生 at 16:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

「好奇心の塊」【佐藤実紗】


はじめまして😊
9月9日より中国上海の同济大学で、派遣交換留学生としての留学生活をスタートさせました、国際教養学科2年の佐藤実紗です!
IMG_5515.JPG

中国に来て23日が経ち、生活にも慣れ始め、もう23日も経ったのかとまだ始まったばかりではある留学ですが、毎日毎日新しい発見と新しい出会い、見るもの聞くもの感じるもの、全てのことにおいてが勉強の毎日です。

学校も始まり、苦戦することは山のようにあります。無事に1日を終えれたことのないほど毎日が自分との戦いで、言い方を変えれば毎日やらかしています。笑 毎日毎日失敗して恥をかいて笑われて、そんな1日の繰り返しです。だけどそんな日々があったから頑張れた!そう思える日が来ることを信じて、これからもたくさん恥をかいてかいてかきまくって、たくさんのことを吸収していきたいと思っています!

IMG_6412.JPG
私の中国語のクラスのメンバーです。9人というとっても少人数のクラスで、国籍も9つそれぞれと本当にインターナショナルなクラスで、どこか不思議な気持ちになります。

ここに来て今、1番良かったなと感じていることは留学に来る前の大学生活で、自分が行ってきたことの大切さです。(buddy program、国際協力部、サマースクールのことをお話しさせてください。)

私は日本でbuddy programという日本に来た留学生のお世話や一緒に交流するといった、留学生と1番に関わることのできる部活に所属していました。日本に留学生として来ていて、buddy programを通して出会った同济大学からの中国人の友人が、帰国して中国で就活が忙しいのにも関わらず、空港まで迎えに来てくれて、入寮の手伝い、学校の案内、携帯の契約など、最初の身の回りの様々な面のサポートをしてくれました。本当に助かり、それもこの部活に所属していたからこそのことだと思っています。

国際協力部という部活にも所属しています。海外ボランティアを行なっていて、今年中国に来る前にベトナムへ、そして去年の夏はカンボジアへボランティアに行きました。その経験があったからこそ今広い視野を持つことができてまた中国でもボランティア活動を行いたいと思うことができているし、ボランティアの経験を話すことでベトナム出身・カンボジア出身はもちろん、他の国からの留学生と仲良くなることができました。日本と中国、距離は離れているけれど一緒にボランティアをした国際協力部という仲間がいることが、私の中国での留学の背中を後押ししてくれるとても大きな存在です。

去年の夏に約2週間の語学研修で、今私の通っている同济大学で行われているサマースクールに参加しました。この2週間があったから今の私がいると言っても過言ではないし、ここで出会うことのできた先生が本当に良くしてくれ、とてもお世話になっています。私がボランティアに興味があると知っている先生が、先週の金曜日9月29日に行われた日中国交正常化45周年の記念イベントに招待してくれ、一緒に日中友好の樹を植樹させていただきました!

LRG_DSC03397.jpeg

LRG_DSC03400.jpeg
とてもお世話になっている、劉先生との写真です。貴重な体験をさせていただくことができて、本当に嬉しいです。

日本での経験が、今中国というここで、こんなに役立つとは思いませんでした。これから留学を考えている方、私も今回身をもって強く感じました。何が、誰が、いつどこでどのように役に立つのか、自分の助けになるのかわかりません。今日本でたくさんのことに挑戦してください!1人でもたくさんの人に出会ってください!


9月30日から10月8日まで、中国は学校がお休みで9連休です!明日から北京へ、バックパック旅してきたいと思います。

「好奇心の塊」とよく友達に言われますが、好奇心の塊にふさわしい人に近づけるように、トライチャレンジの1年間にしたいと思います!

長くなりました、次はextraな1年間について書こうと思います。
IMG_5631.JPG

私の大好きな、上海の夜景です!
ではまた 再见👋

posted by 日大国際留学生 at 01:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする